肋間神経痛の症状や原因を知ろう!

肋間神経痛の症状ってどんな感じ?



【スポンサードリンク】



この肋間神経痛の症状とは簡単に言えば神経の圧迫による神経痛です。症状としては肋間神経が通っている脊髄から肋骨にかけて痛みが走ります。普段の生活で体をねじったり、深呼吸や咳をした際の肋骨の動きによって誘発され神経に痛みが走ります。

この症状は発作的に起こったり、慢性的に持続して起こることがあります。肋間神経痛の症状の特徴としては、痛みに関係する肋間神経に限定しており、発症した際には【激痛!】という表現がぴったりなぐらいの痛みを伴います。しかもなんの前触れもなく突然発作的に起こりますのでとても厄介です。

発作的に起こった神経痛は一回ずつの痛みの間隔は短く、長時間痛みが続くものではありません。短い時間の間に頻繁に痛みが伴うのです、そして酷い症状になると痛みがさらに増大し、さらにほかの部分まで痛くなるケースがあります。この場合を投射痛といいます。

肋間神経痛の症状は決まった皮膚や粘膜の刺激で触発されます。この部分を引き金点もしくは引き金帯ともいいます。ちょっとしたアドバイスですが、度重なる発作に困った時は引き金になる箇所を刺激しないように工夫するのが大事ですね。

【引き金点】はたぶんはじめ知った言葉だと思いますが一般的な特徴を紹介します。

★神経が筋膜を通過する箇所
★神経が二股に分岐している箇所
★神経が深いところから表面に出てくる箇所
★神経が頭蓋骨から外に出てくる骨の穴の箇所

上記が引き金点の特徴です。



【スポンサードリンク】