肋間神経痛の症状や原因を知ろう!

背中にもでる肋間神経痛の痛み



【スポンサードリンク】



肋間神経痛が起こるとき、胸はもちろん痛みますが、何だか背中まで呼吸をするたびに痛くて痛くてつらいです。

どのようなところが肋間神経なのかというと、肋間神経は背中から出て、胸腹部に分布する末梢神経です。

 背中(胸髄)から出た12対の胸神経の前肢が肋間神経です。

この肋間神経の支配領域が痛むのが肋間神経痛で、頻度の高いものです。

本当に背中の痛みつらいのもがあります。

肋間神経痛はどのような原因で起きるのでしょう。

原因不明の原発性肋間神経痛と、原因の明らかな続発性肋間神経痛に分けられます。

原発性は、心因性の痛みや続発性の痛みを除いたうえで、末梢神経になんらの病変も見出さないものをいうそうです。

深呼吸、せき、大きい声などで痛みが誘発されるほか、痛みのないほうに体を曲げて、神経を伸ばすようにしても痛みがおこります。

昔は中年の方に多いといわれていたようですが、現在のストレス社会、年齢は関係無くなってきているようで、若い方もおおいようです。

肋間神経痛は確率の低いことまで含めると命に関わる可能性もある、と言うことになります、という話も。

ですが、それはかなりのもしもを想定していますよね。

いずれにせよ、私の意見ですが、どんな病気でも早期発見、早期治療にこしたことはありません。



【スポンサードリンク】