肋間神経痛の症状や原因を知ろう!

肋間神経痛とはいったい何?



【スポンサードリンク】



肋間神経痛とは背中や体の側面部分に強い痛みが発生する神経痛の一種です。肋間神経痛の症状としては突如として激痛が走ります。それはどんな痛みなのか?

例えるとすれば針で【ズブ!】っと刺された様な痛みで、とても鋭い一撃です!私も幼少期の頃から経験していましたが詳細を知ったのは最近の話なんです。正直な話、肋間神経痛の症状が起こる度に「俺…悪い病気にでも感染したのかな?」などと不安で胸がいっぱいでした。(汗)

さて、突然やってくるこの肋間神経痛の原因なのですが様々な原因が考えられます。まず簡単に2種類の部類があります。種類といっても原因が重いのか軽いかのかの違いですが、軽い場合ですと日常生活の中で微量に感じるストレスや疲労が重なる事により発症します。

もうひとつの重い方ですが男性ですと脊髄の病気や胸膜炎など内臓疾患が影響して肋間神経痛の原因になります。 その他ですと肺がんや肺炎なども可能性として考えられますね。そして女性の場合ですと上記の説明以外に骨粗しょう症という病気から肋間神経痛の症状が発症する原因にもなります。

肋間神経痛の治療ですが場合によります。基本的には体の片側に痛みが突然きますが、右なのか左なのかは人それぞれであり固定ではありません。痛みの期間ですが大体、数秒から数分です。私の時は発症すると呼吸する度に痛みがしばらく続きました。もしこの症状が頻繁に起こると結構つらいです(体力的に(汗))

骨の間や筋肉の間に神経が挟まれて圧迫や刺激で生じるのが絞扼(こうやく)。そして神経症が引き金で多くの場合は発症しますが、帯状疱疹と呼ばれるストレスが原因の痛みもあります。もちろんがんなどの重い病気のケースでも肋間神経痛の症状が現れる時もありますので注意です。

この病気になる年齢は大体が中年以降に多くなりますが私の様に少年期でもなるみたいです。少し長くなりましたが、肋間神経痛の治療は専門の病院で一度検査し、治療が必要な場合には神経ブロックと呼ばれる局所麻酔薬を使用した注射が使われるみたいです。神経の炎症が認められる肋間神経痛の場合は、ステロイドが混ぜて投与されることもありますね。

この肋間神経痛の症状や治療の診察を受けるのであれば麻酔科外来です。まずはご自身が日頃からかかりつけにしている病院に相談してみてはいかがでしょうか?民間での治療可能です、民間療法の場合は温湿布や冷湿布の併用と東洋医学の観点では肋間神経痛の治療にはお灸や鍼、漢方の投与が行われているみたいなのですが、私は怖がりなので民間の病院はちょっと行きたくないです。(汗)以上が症状や原因、治療方法の簡単な豆知識でした。

【スポンサードリンク】