肋間神経痛の症状や原因を知ろう!

肋間神経痛の原因を複数紹介します。



【スポンサードリンク】



突然に、なんの前触れもなく訪れる肋間神経痛の原因とは一体何か?まず、肋間神経痛は肋骨から沿っての痛みを指して呼ぶ数ある神経痛の一つです。原因は多種多様であり個人の判断ではなかなかわかりません。医療検査などで確かめるようにします。それは何故か?自分自身で判断してしまうとその他の原因に重い病気が原因で肋間神経痛が発症している可能性があるからです。

原因の中には感染症からくるものや腫瘍や心臓に係わる関連痛も発症してしまう恐れがあるからです。ここまで少し難しく説明しましたが、簡単にすると神経の圧迫による神経痛が肋間神経痛です。肋間神経痛は脊髄神経が何らかの原因で圧迫されている状態で初めて痛みが伴います。神経を圧迫する可能性がある要因は以下の種類です。そのほかにも脊髄病変や神経根障害なども簡単な説明をしながら紹介してますので参考にして下さい。

★腫瘍
筋肉や骨に発生した腫瘍が貴方の肋間神経を刺激してしまい、それに伴い痛みが発生します。

★脱臼
小さなお子様だと簡単に脱臼してしまいますが、もし脱臼した場合は骨のズレ自体が脊髄神経の刺激をしている可能性があります。

★血腫
内出血が起こった際にその血液が内部で固まってしまい、その塊が肋間神経を覆ってしまい痛みが発症してしまう可能性があります。

★椎間板ヘルニア
椎間板ヘルニアでも背骨の中で起きているヘルニアで神経を圧迫する可能性があります。

★骨折
お年寄りの骨粗しょう症の患者様は、前に体勢を傾けたり、尻持ちをついた時、重いものを持ったり運んだりして圧迫骨折を起こすことがあります。「中々力が入らない」等の小さな後遺症でも病院での診察はは欠かせません。骨折で出来た骨片が神経を圧迫することもありますので骨折の際に神経痛が発症した場合は思い出してください。

★感染症によって発生する場合があります。(髄膜炎も含まれる)

トイレで力んだり、普段くしゃみをしたとき、両側に症状が出たら脊髄病変の可能性があります。病院での診察が的確な判断です。脊髄病変は、悪化すると上位運動ニューロンへと症状が進行し、支配筋の麻痺を起こすことがあり、早い段階での検査が必要です。


【スポンサードリンク】