肋間神経痛の症状や原因を知ろう!

病は気から?肋間神経痛の薬



【スポンサードリンク】



肋間神経痛は受診すると、ほとんどが湿布などで済まされてしまい、薬がでないことも多いようですね。

肋間神経痛を起こす原因のほとんどは、はっきりとした原因が分からないものですが、時には神経に出来た腫瘍のこともあるそうです。

ですが、ほとんどの肋間神経痛を来した人は湿布をもらう程度で帰されるといわれていますが、友人は薬も服用していました。

効いた時にはかなり安心できていたように思います。

どのような薬を?の質問したら、「痛み止めをのんでいるの・・・。

」と話していました。

痛み止めで肋間神経痛が治まるのであれば、治し方のひとつとして考えてみてもいいかと思います。

内服薬(消炎鎮痛剤)・神経ブロック注射坐薬(消炎鎮痛剤)・外用剤(湿布薬・貼り薬・塗り薬)等の薬が処方されることもあります。

漢方薬というのもありですよね。

漢方薬(東洋医学)では、肋間神経痛の根本的な原因は、いわば、「あなたの身体の内側」にあると考えています。

そして、その漢方薬独特の考え方にのっとった治療により、肋間神経痛の根本治療に成果があがっているということもあるようです。

様々な肋間神経痛の薬や治療法、自分にあった治療法をみつけたいものですよね。

肋間神経痛のお薬をお求めの方はコチラ一元 柴胡桂枝湯 350錠



【スポンサードリンク】




sponsor drink
This site is a participant of the Amazon Associate Program.